スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.20 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

人は何で年をとるのか?

 経団連会館

土曜日に、経団連会館にお呼ばれ。
日経新聞本社とくっついて、建てられてんだね。
間違えて日経ビル入っちゃって、かなり迷う。

名札は用意されてたので、久しぶりにお勉強タイムで、高名な先生方の講演を拝聴する。
・・・・・・いやもう、すごかったよっ!!
生物物理と分子生物学完璧に理解して無いと、理解不能な話だと思うんだけど(どれもやったこと無いけど、なんとか言いたい事は理解・・・・・・出来た?)。
まーいっか、バッサリ今日の主題入るよー。


人は何故老いるのか?

1979年、がん抑制遺伝子であるp53が発見されました。
がん治療の特効薬として、早速実験が開始されます。

がん罹患のマウスに抑制遺伝子を注入すると、がんは消失して目的達成・・・・・・のはずが。
急激に老化が進み、結局平均寿命まで生きることは出来なかったそうです。

*ちなみに、がんと言うのは壊れて異常増殖する細胞を指します。

抑制遺伝子p53は、がん細胞に対して自滅を加速させる方向に働きます。

てー事はだよ、つまり老化って言うのは、がんに対しての最後の対抗手段なわけなんだよ。

それではと、遺伝子の中からp53を抜き取り(専門用語でノックインと言います)、生き物が絶対に老化しない環境を作ったらどうなったかと言うと・・・・・・

すぐに体中の細胞がガン化されて、死んでしまったそうです

生命体が生き延びるには、ルールがあります。
それは高い所から落ちたら死んでしまうとか、食べ物食べなかったら餓死するとか。
普通は、そう言った馬鹿なことをしないよう、大自然の法則にしたがって行動します。

老いるとは、生き残るためのルールなのです。

ガンと老化はコインの裏表の関係で、どちらかを抑制しようとすると、必ず、もっと早く死が訪れます。

ガンとは活性酸素が引き起こすものであり、活性酸素とは終末糖代謝産物AGEs、つまりお米やジャガイモ砂糖パン・・・・・・食べ物が引き金を引くのです。
*本当は低酸素とか外的ストレス(運動、精神的、タバコ)もあるよ。

それではと抗酸化酵素のSOD、CAT、GPXをドカドカ投下して、ガン化を極力抑えたらどうなるか・・・・・・寿命が延長すればするほど、多分若年層に子供が生まれなくなって、国として崩壊するってゆーオチが見えます

生き物って言うのは、環境に合わせて変化するのが仕事です。
遺伝情報のDNAを生きてる間にグリグリ変化させて、毎年姿かたち変わるくらいじゃないと、不老不死っていうのはまぁ・・・・・・無理でしょ。
*実はDNAの書き換えってのは、生きてるうちにしょっちゅうやってたりするんだけど・・・・・・。

すげー重くなったXPにパッチ当て続けて、エラー訂正し続けて、使うような不毛さ・・・・・・それって不老不死って言えるのかな?

そんな面倒な事するくらいなら、卵産んで(7をクリーンインストールして)イチから育てなおす方が手っ取りはやい、そう思う。
うん、私達生き物ってのは実に合理的だね。

でも、それでもっ!!
抗酸化の研究は続けないとダメなんですっ!!
がんばんぞー、おーっ!!


つーわけで、日曜日の話に進みます。



前回。

日電歩道

前々回。
と、結構生きるか死ぬかの場所をめぐるのが、好きなのですが・・・・・・。

尾瀬

今回。
何・・・・・・?
モルダーあなた疲れてる?
足を踏み外すと死ぬ分が足りてないわよ?

スポンサーサイト

  • 2018.05.20 Sunday
  • -
  • 00:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
仕事以外であまり遠くに行かない僕にとっては、廃墟の写真とかは新鮮に映りますね。廃墟も確かに人が生きた証しであるかと思うと感慨深い気もします。実際に行きたくなって来ました。機会があったら、廃墟通の先生にお勧めどころをガイドして欲しいですね。先生なら解説も上手そうですし。仕事でガイドをお願いしちゃおうかなと思ったりする今日この頃でした。
  • shibano
  • 2011/07/26 10:16 PM
廃墟だったらどこでも着いて行きますよ〜。
ただ、車は出して下さいね♪
東京近郊はあんまり無いので・・・・・・。
  • cutlass
  • 2011/07/28 12:24 AM
いきなり廃墟をガイドしてなんて不躾なお願いコメントして、変な子と思われてしまったかもと不安になりましたが、優しい返信コメント嬉しい限りです。先生は生きるか死ぬかの場所めぐりが好みなのですね。さすが人の体調管理を司る医療関係者だけあって怖いものに耐性があるのでしょうか?僕としては、行くとしたら、落ち着けそうな廃墟に行ってみたいですね。ゆっくり落ち着いた自然に触れる機会がない典型的な社会人なので。
  • shibano
  • 2011/07/28 9:04 PM
p53は癌細胞の自滅を加速させる一方で老化を促す作用を持つ

注入すれば癌を消滅させられるが老化が加速する
ノックインすれば老化は収まるが体中が癌化する

よって両者の均衡を保ったまま抗酸化酵素を投下するのがよい解決法だが、
壊れては直してのツギハギの延命をしても
長い目で見れば社会の寿命を縮めているのではないか…


といったかんじでしょうか

僕には不老不死を論じる前提となる知識がありませんが、あらゆる研究が進んでみんなが元気に100歳まで生きられて、尊厳死などのややこしい問題が減少すれば、それはいいことだと思います
若者の人生の捉え方も変わってくるかもしれません

人間は不老不死ではないけれど、人類という観点ではある意味不老不死。

この記事を読む限り抗酸化酵素というものは大変意義ある研究分野だと思います
あまり頑張りすぎず、お体に気をつけてください!
  • うま
  • 2011/12/21 10:34 PM
ああ、今見直すと本気で間違ってる部分がちょこちょこ。

>うま様
老化現象が一種の免疫機能であった場合、寿命を撤廃してしまうとシャレにならない事が起こる危険性があります。
免疫はその副作用で重い病気を起こしたり、分かりやすい所で花粉症、くしゃみ、セキ、など病気だな苦しいな〜というのは全て免疫のせいです。
苦しいからといって無くしてしまうと、口の中にカビやキノコが生えます。
0と1の問題では無いので、徐々に寿命を延ばして様子を見る、というのが正解かもしれません。
抗酸化酵素は一生の課題ですね。
  • cutlass
  • 2011/12/26 1:18 PM
もし年をとらなくなっても脳のメモリーがオーバーして
壊れるらしいので本当の意味での不老不死は難しいらしいですね。
そう思うとなにか不老を防止するなにかがはたらいてるようにしか思えないですよね。
たぶんこれからも、人間がいくら繁栄しても不老はありえないでしょうね。人も動物ということにはかわりないから自然の干渉が絶対入っているでしょうし。
それよりあの世があるほうがいいな〜
いつでも漫画やアニメ、ゲームもできるでしょうし(笑)
  • eimetu
  • 2011/12/27 7:28 AM
なるほど、勉強になります!抗酸化の研究頑張ってください!
廃墟めぐり楽しそうですね^ ^二年ほど前から家の付近の廃墟情報を探したりしてました。この記事を見てまた行ってみようかなと思いました!Cutlassさんが廃墟へ行くのは幽霊とかそっちの方に興味があるのでしょうか?わたしは幽霊が見たくて廃墟へ行ったり心霊スポットへ行ったりするのですが。よければ返信お願いします!
余談ですが、宮城県にある幽霊ペンションと呼ばれる心霊スポットがありまして、2011の大地震で半壊状態で今もギリギリの状態で残ってるそうです。よければ行ってみてください!
  • ぱぴよん
  • 2015/01/31 12:57 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Androidでギャルゲー計画

PIXIV

コミカライズ版NOeSIS

PODCAST

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM