スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.20 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Vtuberの出口戦略を考える の回

 

母さん、巷にあふれたVtuber、どうしたでしょうね

 

ええ、2018年、Youtuberが生身から3Dに切り替わる道で

 

谷底へ落ちていった数千のVtuberですよ

 

母さん、あの盛り上がりは、嫌いじゃなかった……でも……みんな消えてくんですよね

 

 

人間の証明より

 

 

 

ボカロブームのときはまあ普通に楽しめてたけど、Vtuberブームは見ててハラハラします。

 

はい、毎回メンドクサイ話題のこのブログ、今日はVtuber回です!

 

ハラハラ、ハラハラ、見ていてすごくハラハラ

 

 

てゆーか……この人達……ブーム終わったらどうすんの???

 

 

というのが、すごくハラハラするんです、はい。

 

超余計なお世話ですね、はい。

 

いや、MMDからの流れで〜とかで、シュミだから〜、っていうのはわかるんです。

 

でも、某ふぁつきゅーちゃんデビューのとき、今乗り込んだ人達、話題にしてなかったと思うし、

 

重い腰上げたのも去年の10月くらいからのVtuberブームからなんじゃないかなと思うのです。

 

アレとかコレとか、おまえら絶対見てなかったろ! な失敗に終わった3Dアイドルアニメのメイキングビデオが

 

モーションキャプチャーの教材として再生数大幅アップしてるのを見ると……複雑な気持ちに……。

 

ミーハーは悪いことではないから、ブームに踊るのもいいんじゃ……いや、よくない!

 

 

ってわけで、かつてのボカロブームと比較して、安易に始めてしまう危険性と、始めちゃったよ〜って場合のための

 

出口戦略を考えてみたいと思います。

 

 

ではボカロの流れ

 

1.登場

 

自動アンケート+(懐かしい!)などで話題になり、数年間かけて投稿数やクリエイターが増えていく

 

2.人気絶頂

 

次々と長者が誕生

 

CD、書籍、関連グッズなどが飛ぶように売れていく

 

だが、素人がドリームを掴めるのは1段階で運良く開始できたモノのみで、次第に素人のフリしたプロに飲み込まれていく

 

3.素人の排除

 

エグいので書けません

 

4.衰退

 

飛び去って行くイナゴの群れ

 

ここまで来ると企業は儲からなくなるので撤退、逆に平和になります

 

 

ボカロの場合良かったなと思うのは、楽曲再生数が上がったとしても、それが緑髪のツインテール天使様の持ち歌として扱われた点です。

 

再生数が増えれば増えるほど、天使様の徳も高まり、慈悲の心でCDや関連グッズの印材を回して貰えます。

 

ブーム末期とか……クオリティの低下が酷かったよね……。

 

人気がすごいから文句も言えなかったけど、それでも勢いとお金だけはありました。

 

……ですが、Vtuberの場合はどうでしょうか?

 

天下取っちゃったメンバーは固定されていて、3Dモデルを勝手に使いでもしたら……訴訟食らっても文句言えません。

 

つまり、再生回数が増えれば増えるほど、先発組から目障りに思われるのです。

 

 

VtuberはMMDと違って、自然発生的に誕生したものではありません。

 

優秀な素人が才能の無駄遣いしたものではなく、企業が誕生させた”商品”です。

 

企業が新製品を作る場合、常に参入障壁の確保と後発の警戒に当たります。

 

画期的な新商品ほどマネられて、”先発の弱点を改良させた”形で世に送り出される模造品と戦うわけです。

 

それを防ぐのが3D(超有名MMDクリエイター)という参入障壁であり、ボイスは生身(プロ声優)やキャラデザに超有名イラストレーター起用だったりするわけです。

 

それでもやっぱり突破されてしまうわけで、後発組が誕生した瞬間、排除する仕組みを作ります。

 

マンガやアニメは新興の会社が出てこないように新作で固めますし、

 

コンビニのお菓子コーナーではわざと"同じ会社のきのことたけのこ"で競わせるわけです。

 

どっち食べようが同じ会社にお金が落ちるだけなのに、買ってる人間は”自分が選択した”と錯覚するわけです。

 

それが後方警戒、新興が出てこれないように同じようでちょっと変えた商品で埋める、戦略です。

 

2017年段階でMMDの3Dモデルを作れる人間はかなりの数がいました。

 

簡単に3Dモデルを作られて、生主あたりの声かぶせるヤツが出てくるなんて、百も承知だったはずです。

 

つまり、

 

 

”後発の素人が流入すればするほど、先発組が有利になる”

 

構造になってる……はずです。

 

シュミだったらそこまで考えないけど、お仕事で任せられたら普通そう作ります。

 

ここでVtuberで一発当ててやる! って人間がカモになる仕組みなのです。

 

いくら再生回数上げようとも先発組には絶対勝てないし、関連グッズのメーカーには根回しが完了してしまっています。

 

全体の再生回数の増加は『ほら、こんなにVtuberってはやってるんですよ〜』って形で”先発組のグッズ化”のために消費されます。

 

つまり、お金が還元される仕組みが向こうに握られてしまっているのです。

 

小説はスマフォでも、ポメラでも、とにかく低コストで書けます。

 

イラストも紙とペンで描いたモノをスマフォで撮影してUPすれば、低コストで発表できます。

 

音楽だってDAWもそこまで高いモノじゃありません。

 

ですが、3Dは違います。

 

機材揃えてモデル作ってキャプチャして音声当てて、5分の映像作るのに数百万かかっても驚きません。

 

下手するとモデル制作に300万円かかっても、フツー、って感じです。

 

ライブ2Dならまだしもガチで行くとなると、シュミでは済まない出費と時間消費です。

 

30分動画一本で8時間、それを毎日更新ですよ。

 

先発組に対抗しようとすると、ガチな投資と時間を覚悟しなければなりません。

 

自分がすごく残念だなって思ってるのは、

 

結構良いマンガやオリジナルのゲームを作ってる人達が、流行に流されてVtuberに移行してしまう

 

ってことです。

 

Vtuberでしか表現できないことがあるなら、それでもいいと思うのですよ。

 

昔からMMDいじってて、その延長ではじめるのもよいと思います。

 

お仕事です、上からのお達しなんです、それは……頑張ってください……としか……。

 

ですが上記の理由がないなら、

 

目先の数字ほしさに始めるのだったら、それは何か大切なものを失うと思うのです。

 

Youtuber、Vtuberは作品制作……というよりも、コミニュケーション手段の延長です。

 

今、オリジナルの作品や物語を作れる人間は、本当に貴重です。

 

もうアルミホイル丸めるなんて、腐るほどやってる人いるじゃないですか……。

 

小銃もってカクレンボも、そんなん見飽きたじゃないですか……。

 

なんで貴重な貴重な、あなただけしか作れない物語を持ってるあなたが、手垢のついたこと始める必要あるんですか……。

 

 

出口戦略を考える

 

 

ここからはVtuberを始めてしまった人向けに、どうやって終わらせるのか、を考えます。

 

はじまりがあるなら、必ず終わりがあります(それが数年後になろうとも)。

 

 

1.ブームが移ろうが、そのままのスタンスで続け続ける

 

アンタ……人間の鑑だよ……。

 

そのままのあなたでいてください。

 

 

2.なんとなく、やらなくなる

 

家の中には数十万で買ったかつての高性能PCと、パーフェクトニューロン(着るタイプのモーションキャプチャー装置)やら、

 

HMDやらモーショントラッカーやらカメラやら。

 

Unityの使い方は覚えたから、次は3Dゲームでも作ろうかな〜……という

 

一番人口多そうな、自然消滅パターン。

 

ある意味幸せなのかも?

 

 

3.3Dアニメに移行する

 

Unityはある、3Dモデルはある、声もつけれる、3Dアニメはこれで作れる

 

ちょっともうマジで、こっち方向の進化を熱望です。

 

ただ、モーション流し込めばいいVtuberと違って、アニメとなると大変さの質が違います。

 

あと、動画本数と再生回数のかけ算のYoutubeと、絶望的に相性が悪いです。

 

毎日生み出せるゲーム実況 毎日(365)×そこそこ再生数(仮に1万)=365万

 

一本数ヶ月かかる3Dアニメ 年3本(3)×いっぱいの再生数(仮に20万)60万

 

ほら、超不利でしょ?

 

 

思うのですが、これはVtuberの動画も同じことが言えるんじゃないかと。

 

最悪一人で続けられるyoutuberと比べて、動画制作コストがかかりすぎると思うのです。

 

なので新規参入者増やして、関連項目として先発組に視聴者流す作戦なんじゃないかな〜と。

 

 

最後に一言、何かを作ることは尊いことです、辛いことがあってもあきらめず、頑張ってください。

 


スポンサーサイト

  • 2018.05.20 Sunday
  • -
  • 04:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Androidでギャルゲー計画

PIXIV

コミカライズ版NOeSIS

PODCAST

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM